アプリ開発とOS選び

オフィスで握手するビジネスマン

まず初めに、iosとは何のことでしょうか。説明します。アップル社の製品に搭載されているOSのことです。使いやすく、セキュリティ重視の設計が構築されておりiPhoneやiPodの基盤となるものです。現行のバージョンは8です。そしてiPhoneのアプリは、さまざまな人が利用していることでしょう。家計簿にアプリを使う方や、地図をアプリで確認する方、現代の社会では必要不可欠なものではないでしょうか。そのアプリを開発するということは、瞬く間に自分の名を轟かせることができ、アプリは開発したらそのあとは放置していてもお金を稼ぐことが出来ることです。流行りに乗ったアプリを開発できたなら、宝くじ並みのお金が期待できます。

iosのアプリ開発をする人は、皆がプログラマーなのかと思っている方が多いでしょう。どうしても難しいという印象は消えません。しかし、アプリ開発には、「MAC」と呼ばれるパソコンとiPhone、xcode、iosデバロッパプログラムです。xcodeはアプリ開発のために必要なもの。プログラムの基礎も知らない方でも3分で基礎の流れが理解できるサイトもあり、アプリ開発が楽しいと思うようになります。始めは簡単な電子書籍のようにタッチでページをめくることが出来、画像やPDFを貼り付けてごく簡単なコードを書くだけで作ることができます。ゲームやカメラアプリなども初心者には作りやすいです。だんだんiosアプリのことが理解できるようになったら、オリジナルティがあるアプリ開発の始まりです。